ニッパツ三ツ沢球技場の特徴・アクセス・おすすめの座席とは

スポンサーリンク
スタジアム紹介
スポンサーリンク

「Jリーグ観戦行ってみたいけど、どこの試合に行けばいいかわからない」
「アウェイ観戦で初めて行くスタジアムなので不安」
そんな思いを抱える方のために、各スタジアムの特徴を紹介していくこのシリーズ。

今回は横浜にあるニッパツ三ツ沢球技場です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパツ)とは

ニッパツ三ツ沢球技場は、神奈川県横浜市にある150,46人収容のサッカー専用スタジアム。

ニッパツは複数チームによって使われているのが特徴。J2【横浜FC】とJ3のY.S.C.C横浜のホームであり、横浜F・マリノスの準ホームでもあります。

マリノスのメインのホームは日産スタジアムであり多くの試合は日産で行われますが、平日開催のルヴァン杯や天皇杯といったカップ戦の場合はニッパツで行われることが多くあります。

横浜FCとYS横浜はどちらもかつてオリ10の一角だった横浜フリューゲルスと関係が深いチーム。基本的に全てのホームゲームをニッパツで行なっています。

横浜FCはカズこと三浦知良選手や松井大輔選手など元日本代表が在籍していることでも有名ですね。

ニッパツへのアクセス

ニッパツへは横浜駅からバスで10分のあと、徒歩5分ほど。横浜駅から徒歩でも30分かからずに着く、非常に良い立地です。

新幹線の場合でも新横浜駅から横浜市営地下鉄で7分。遠方のアウェイサポーターでも行きやすいのが大きな強みです。

ニッパツの特徴

①圧倒的な見やすさ!

ニッパツの最大の特徴はピッチとの近さとスタジアムのコンパクトさにより見やすいこと。サッカー専用スタジアムということもあり、いずれの席種からもピッチは目の前。

また収容人数がそこまで多くないということもあり、後方の席からでも選手が近くで見れるのが売り。見やすさでいえば関東では大宮のNACK5スタジアム、柏の三協フロンテアに並んで3強と言えます。

②抜群のアクセス

ニッパツまでは前述の通り横浜駅から徒歩圏内。横浜自体がアクセスが良いこともあり、気軽に見に行けるスタジアムの一つと言えます。

スタジアム自体も住宅地の中に立っており、歩いた場合特に地域密着の雰囲気を味わうことができます。

なんとなくJリーグの試合をまずは見てみたい、と思った場合におすすめです。

ニッパツのオススメの席種

ニッパツのおすすめの座席はこちら。

①バック席

バックスタンド側の。どこからでも見やすいスタジアムですが、バック側なら比較的リーズナブルかつピッチ全体を見ることができます。初めて行くならまずはここがおすすめです。

www.nippatsu-mitsuzawa.com

②ゴール裏

ゴール裏もおすすめ。

傾斜が少しきつめにあることで上方の席でも見やすくなっています。席数はそこまで多くないですが、その分サポーターが密集して雰囲気を作り出すことができます。

f:id:takaris:20190329154335j:plain

チケットの購入方法

ニッパツ開催の横浜FCの試合チケット購入は、下記のバナーからがおすすめ。

キングカズこと三浦知良選手も出場する、非常に見やすいことでニッパツでの試合チケットをぜひ購入しましょう。


観戦の注意点

注意点と言うほどではないですが、3クラブが頻繁に使う都合上、ふらっと行く場合はどのチームが試合をしているのかを確認してから行くと良いでしょう。

J1の試合を見たい、という場合はマリノスの利用頻度は多くないので、事前のスケジュール確認や場合によっては早めのチケット確保は必須です。

観戦のポイント

①最高クラスの見やすさとアクセス

②スタジアムまでの雰囲気も楽しもう

③試合スケジュールの確認は忘れずに

スタジアム紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
タリサカ