埼スタ(埼玉スタジアム)の座席の見え方、アクセス、アウェイ観戦のポイントとは?

スポンサーリンク
スタジアム紹介
スポンサーリンク

Jリーグ観戦が最近盛り上がっていますね!

「スタジアムに観戦に行ってみたいけど、初めてだし不安」と思う方も多いかと思います。

またサポーター歴が長い方でも、初めて行くアウェイスタジアムはアクセス、席の見え方など不明点多いですよね。

そういった方のために、各スタジアムの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

埼スタ(埼玉スタジアム2002)とは

埼スタ(埼玉スタジアム2002)は、浦和レッズのホームスタジアム。埼玉県さいたま市にある、アジア最大級、日本最大のサッカー専用スタジアムです。

収容人数63,700人という圧倒的な規模と、しばしばそれを満員近くまで埋める浦和サポさんの迫力はまさに圧巻。

駅からのアクセスやピッチの見やすさも素晴らしく、初めて観戦するのにも適したスタジアムです。

参考:スタジアムについて|埼玉スタジアム2002

アクセス

東京メトロ南北線の終点、浦和美園駅からシャトルバスで10分ほど。

浦和美園駅は東京駅から約45分、新宿駅から50分と少し遠く感じるかもしれませんが、土日の南北線は座れることも多くストレスは少ないです。

浦和駅などからシャトルバスも出ていますが、収容人数に限りがあるので電車で行くのが無難でしょう。

参考:アクセス|埼玉スタジアム2002

スタジアムの特徴

①浦和サポーターの大迫力の声援!

浦和サポーターの応援の迫力は日本トップクラス!

熱いサポーターが集うゴール裏の人数・声量・統率感は、試合前から圧倒的にスタジアムの雰囲気を作っています。

選手の練習開始時や試合中、そして試合後は、選手を見るだけでなくサポーターの応援にも注目してみましょう。

②スタジアムグルメの店舗数の多さ

埼スタには多くのスタジアムグルメが出店しています。

コンコース内、スタジアム外双方に多くの店舗があり、観戦者数が多いときでもそこまで並ばずに購入できます。

試合開始1時間前くらいには席を確保し、選手の練習や試合開始までいろいろとお店をまわってみるといいでしょう。

③ピッチの見やすさ

サッカー専用スタジアムということもあり、ピッチまで近く、選手を間近で見ることができます。

選手のパススピードや球際でのぶつかり合い、ボールのないところでの駆け引きなど、目の前で見ると更に迫力が増して見えます。

指定席を取る際は、できるだけ前の席にしてみるといいでしょう。

もちろん、後ろの方でも全体が見やすいというメリットがあるので、どちらも行ってみるといいですね。

席の選び方

初めて行く際のおすすめの席はこちらの2種類。

①SB指定席

SB指定席はバックスタンド側の1階席。

この席であればどこであっても比較的ピッチとの距離は近く、見やすくなっています。

指定席なので、スタジアム到着が試合開始直前になってしまっても大丈夫です。

立って応援したりすることもない席なので、落ち着いてみたいという方におすすめです。

②メインアッパー指定席

f:id:takaris:20181016202728j:plain

メインスタンド側2階席です。

専用の入り口からエスカレーターかエレベーターで登っていきます。

この席は、2階席だからこそ全体が見えることがポイント。選手のフォーメーションなどを気にしたい方におすすめです。

普通の試合ではあまり埋まらない席なので、「周りに人があまりいない状態で見たい」という方にとってもいいでしょう。

www.urawa-reds.co.jp

観戦する上での注意点

①アウェイ側の応援をしない、アウェイカラーのものを身に着けない。

埼スタに限らずどこでもそうですが、指定された席以外でアウェイチームを応援するのはNGです。

埼スタでは「ビジター自由席」「ビジター指定席」のみで応援が許されています。

またアウェイチームのチームカラーが基調の服装ではいかない方が良いです。

多少含まれているくらいは全く問題ありませんが。観戦のマナーとして守りましょう。

②ホーム自由席の場合、北サイドスタンドに行くときは経験者と!

最も価格が安く買いやすいホーム自由席ですが、「北サイドスタンド」と「南サイドスタンド」の両方に入ることができます。

北サイドスタンドは全面浦和の応援、南は一部浦和、一部アウェイチームとなっています。

北サイドスタンドは熱いサポーターが集まり、常に立ってチャントを歌う席ですので、いきなり初めて行く人たちだけで行くと浮いてしまうかも。。

一方、南サイドスタンドは座って見る人が多数の席です。

初めて行く際は南サイドスタンドにまずは行くようにしましょう。

慣れてきたら、北側も行ってみるととても一体感を感じられて楽しいですよ!

f:id:takaris:20181016202847j:plain

楽しみ方のポイントまとめ

①席種はSB指定席かメインアッパー席、またはホーム自由の南サイドスタンドで
②試合1時間半前くらいには席を確保し、スタグルを楽しめると良いですね。
③試合の見やすさはトップクラス。日本代表も多く白熱の試合が見れるでしょう!!
スタジアム紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
タリサカ