【決定版】サッカー観戦の持ち物まとめ

スポンサーリンク
観戦ノウハウ
スポンサーリンク

サッカー観戦に行ってみたいと思った時に悩むポイントの一つが持ち物。何を持っていけばいいのか悩むことは多いですよね。今回は特にあまりサッカー観戦に行ったことがない人向けに、何を持っていけば快適な観戦が楽しめるのかをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

持ち物の一覧

以下は試合の時に持って行った方がいいものになります。

  • チケット
  • タオルマフラー
  • 飲み物
  • 防寒具
  • 雨具
  • 選手名鑑
  • カメラ
  • かっこ
  • カッパ
  • 大きめのカバン
  • クッション
  • S字フック

ひとつずつ見ていきましょう 。

チケット

チケットは観戦に必須です。Jリーグチケットや各クラブのホームページ、チケットぴあなどで購入することができます。Jリーグチケットですと全試合のチケットが買えるのでお勧めです。

なお、どこの試合に行くか迷っている場合には、FC東京か横浜FCがおすすめ。

FC東京は室屋成選手や森重真人選手、高萩洋一郎選手など、日本代表経験者が多数在籍。2019年6月現在ではJ1の首位を快走するなど、レベルの高い試合を見ることができます。

横浜FCはキングカズこと三浦知良選手が在籍。ホームスタジアムのニッパツも非常に見やすいことで知られ、臨場感ある雰囲気を味わうことができます。

タオルマフラー

タオルマフラーとは各チームが制作しているチームのエンブレムなどが書かれたマフラーです。

試合ではこのタオルマフラーを掲げたりあるいは回したりなどしてサポーターを応援しています。

スタジアムでも1500円から2000円ほどで購入することができますが、もし持っていれば忘れずに持って行きましょう 。

飲み物

ペットボトルで飲み物を持って行くのがおすすめ。各スタジアム内で飲み物を買うことはできますが割高なので持っていくと良いでしょう。

瓶や缶は持ち込めないスタジアムがほとんどなので基本的にペットボトルで持って行くのが良いです。

防寒具

春や秋の試合、あるいは19時以降の夜開始試合の際は検討するといいでしょう。スタジアムの場所にもよりますが特に高い位置のスタンドに座ると風が強かったりあるいは冷え込んだりします念のため1枚上着を持って行くのもした方が無難でしょう。

雨具

雨が振りそうな試合の際は持っていくと良いでしょう。

スタジアムの中では傘をさすのは禁止なのでカッパを持って行くのがお勧め。

詳しくは下記の記事も読んでください。

選手名鑑

選手名鑑とは各クラブの選手のプロフィールが書かれた本のこと。初めて行く試合でも出ている選手の出身や特徴などを知ることでより楽しんで見ることができます。

カメラ

スタジアムでの選手のプレーは非常にかっこよく写真に残したくなるもの。

しかしスタジアムでは観客席からピッチまでの距離がややあり、スマホのカメラではあまり画質が良くなります。

そこで是非一眼レフをあれば持って行きましょう。本気でプレーをする選手たちの写真をより美しく撮ることができます

大きめのカバン

試合によりますが各試合では来場したサポーターに対し記念のグッズなどをプレゼントしてくれることがあります。量が多くなることもありますのである程度ものがたくさん入る大きめのカバンを持って行きましょう。

またスタジアムのショップで良いグッズがあって買いたくなった際にも、大きめの鞄があると便利です

クッション

サッカーの試合では最低90分、前後も含めると2時間以上座っていることになります。

スタジアムの椅子は硬いところが多いのが課題…

そこでクッションを持って行くのがおすすめ。快適に試合を見ることができます

S字フック

主に立って応援するスタジアムで必要になります。

座席がなく立って応援する席では目の前の手すりに S 字フックを掛け、そこに荷物をかけることができます。

メインスタンドやバックスタンドの座席ではまずないですが、スタジアムによってはゴール裏は座席がありません。

例えば関東では大宮のNACK5スタジアムや柏の三協フロンテアのゴール裏では必須となります。こうしたスタジアムに行く場合は必要になるかを確認してから行きましょう。

まとめ:事前準備で楽しいサッカー観戦を

上記はチケット以外はマストではありませんが、用意することでより快適に観戦することができます。

事前準備をしてぜひ楽しく試合観戦をしましょう。

観戦ノウハウ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
タリサカ